ここから本文です

奇妙礼太郎、ソロ本格始動!unBORDEよりデジタルシングル配信リリース

M-ON!Press(エムオンプレス) 6月15日(水)21時18分配信

奇妙礼太郎の新曲「七色LADY~DADADA 花吹雪20万年ガール」が、ワーナーミュージック・ジャパン内のレーベル“unBORDE”より配信リリースされることがわかった。

【詳細】「七色LADY~DADADA 花吹雪20万年ガール」レコーディング映像はこちら

奇妙礼太郎は“天才バンド”のボーカルでもあり、ほかにも“アニメーションズ”、“奇妙礼太郎トラベルスイング楽団”のバンドボーカルを務め、奇妙礼太郎名義としては、弾き語りでのライブ、そして松田聖子のカバーでCMに出演するなど、様々な活動をしてきた。2015年には天才バンドがメジャーデビューを果たしたが、2016年、いよいよ奇妙礼太郎のソロプロジェクトが幕開け。unBORDEレーベルよりメジャーデビューが決定した。

また、今年は『フジロックフェスティバル』、『ライジングサン』の出演も決定しており、バンドとしての初ライブは『フジロックフェスティバル』で初お披露目となる。弾き語りとは違った奇妙礼太郎のバンドセットライブに期待が高まる。

なお、今回の発表とあわせ、「七色LADY~DADADA 花吹雪20万年ガール」のショートバージョンが聴けるレコーディング映像も公開された。

リリース情報
2016.07.06 ON SALE
DIGITAL SINGLE「七色LADY~DADADA 花吹雪20万年ガール」
※iTunesのみ7月1日より先行配信スタート

奇妙礼太郎 OFFICIAL WEBSITE
http://kimyoreitaro.com

最終更新:6月15日(水)21時18分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。