ここから本文です

【先出し週刊ファミ通】貴重&眼福のイラストコラム第3弾! あの有名作家・クリエイターたちからの特別寄稿!(2016年6月16日発売号)

ファミ通.com 6月15日(水)12時6分配信

●ファミ通創刊30周年記念&これまでのゲーム人生を振り返る
 週刊ファミ通2016年6月30日号(2016年6月16日発売)では、前々号の第1弾、前号の第2弾に続き、ゲームファンや本誌読者ならご存じの有名作家・クリエイターの皆様より、ゲームにまつわる思い出などをイラストコラムとしてご寄稿いただきました。3号連続特集の締めとなる第3弾も、ゲーム誌ならではの貴重なご寄稿が揃いました!

 
【本特集第3弾でご登場の方々(50音順)】
 ●いのまたむつみ氏(イラストレーター)
 ●岸田メル氏(イラストレーター)
 ●新川洋司氏(アートディレクター)
 ●副島成記氏(キャラクターデザイナー)
 ●toi8氏(イラストレーター)
 ●なもり氏(マンガ家)
 ●野村哲也氏(クリエイター、キャラクターデザイナー)
 ●日向悠二氏(イラストレーター)
 ●藤坂公彦氏(デザイナー、イラストレーター)
 ●皆川史生氏(イラストレーター)
 ●ヤスダスズヒト氏(マンガ家、イラストレーター)
 ●ゆーげん氏(イラストレーター)
 ●吉田明彦氏(アートデザイナー)

※ご寄稿は、週刊ファミ通2016年6月30日号(2016年6月16日発売)でご覧ください!

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)
■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER

最終更新:6月15日(水)12時6分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。