ここから本文です

歌手イ・イェリン、90年代アイドル「Fin.K.L」の楽曲リメイクに 「原曲を忘れられるかも、と心配だった」

WoW!Korea 6月16日(木)17時18分配信

韓国女性歌手イ・イェリンが、90年代に活躍したガールズグループ「Fin.K.L」バージョンの「いつも今のように」について言及した。

 イ・イェリンは去る14日夜放送のJTBC「トゥーユープロジェクト-シュガーマン」に登場し、ヒット曲「いつも今のように」を熱唱した。

 イ・イェリンが1996年に発表した同楽曲は、2001年に「Fin.K.L」がリメイクし、再び人気を博した。

 これに、イ・イェリンは「私の曲はミディアムでセクシーな雰囲気だが、Fin.K.Lは明るく爽やかでキュートに歌いあげた。原曲が忘れられてしまうのでは、と心配しながらも、リメイクしてくれたことに感謝した」と当時の心境を初めて明かした。

 一方、イ・イェリンは去る1994年にデビュー。以降、楽曲「ポプラの木の下」や「変心」などでヒットを飛ばし、実力派歌手として人気を博した。

最終更新:6月16日(木)17時18分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。