ここから本文です

希望のヒマワリ種まき参加募集 18日、にしあいづ花見山

福島民報 6月15日(水)10時11分配信

 復興のシンボルとして昨年から福島県西会津町の町民有志が取り組んでいる「希望のヒマワリ」の種まきが18日午前10時から同町登世島の公園「にしあいづ花見山」で行われる。
 昨年6月、南相馬市の仮設住宅に暮らす未就学児と小学生の家族らが町内のお年寄りと一緒に公園内に「希望のヒマワリ」と名付けた種を初めて植えた。夏には約5アールに約8千本が黄色い大輪を付けた。
 今年は8千本から収穫した種をまくという。活動の中心を担う「にしあいづ花見山を守る会」は「1人でも多くが『希望のヒマワリ』に関心を持ってほしい」と参加を呼び掛けている。
 手袋、シャベル、雨具などを持参する。問い合わせは同会の佐川勝美さん 電話080(1844)0132、または高浜有真さん 電話090(7936)2717へ。

福島民報社

最終更新:6月15日(水)10時57分

福島民報