ここから本文です

<女子バスケ>KEBハナ銀行、“偽造文書提出”チェルシー・リー側に強力な法的措置へ

WoW!Korea 6月15日(水)16時19分配信

チェルシー・リーの出生証明書が偽造されたものとわかった中、所属チーム富川KEBハナ銀行がチェルシー・リー側に対して、法的責任を問うと明らかにした。

 KEBハナ銀行は15日、チェルシー・リーの文書偽造事件について「物議をかもしたことについて心よりお詫びする」とし「万一、この事件が最終的に文書偽造と判断された場合、チャン・スンチョル球団オーナーがこれに対する道義的な責任を取って辞任する」と述べた。

 さらに「今後、チェルシー・リーとチェルシー・リーのエージェントに対して強力な法的措置をとる予定だ」と付け加えた。

 この日、ソウル中央地検はチェルシー・リー側が偽造された証明書をKEBハナ銀行バスケットボール団に提出したものと確認されたと明かした。検察側はチェルシー・リーが韓国系の選手ではない可能性が大きいとみている。

最終更新:6月15日(水)16時19分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。