ここから本文です

<Wコラム>「テバク」の視聴率は「有終の美」を飾れたのか

WoW!Korea 6月15日(水)17時53分配信

6月14日に韓国SBSで放送された第24話をもって、『テバク』の放送が終了した。肝心の最終話の視聴率は10.0%だった。この数字をどう見ればいいのか。「有終の美」を飾ったと見ていいのだろうか。

テバクの紹介と写真

■幸先のいいスタート

 韓国SBSの月火ドラマとして『テバク』の放送が始まったのは、3月28日だった。第1話の視聴率は11.8%(韓国ニールセンの全国統計。以下同様)。同じ時間帯で一緒にスタートした『町の弁護士チョ・ドゥルホ』(KBS)や『モンスター』(MBC)を抑えて、同時間帯ドラマのトップに躍り出た。

 第1話と第2話は、名優のチェ・ミンスとチョン・グァンリョルが実力通りの名演技を披露し、内容も重厚感のある歴史ストーリーになっていた。第2話の視聴率が12.2%に上がったのも、視聴者の期待の表れだったであろう。

 しかし、第3話の後半から、物語の主導権が若者たちに変わってから、雲行きがあやしくなった。

 特に、第4話はラブコメのような話も織り込まれ、第1話や第2話の「歴史大作」というイメージから遠くなった。

 その影響は、視聴率にてきめんに現れた。

 第3話は11.6%だったのに、第4話は9.5%まで急降下した。なんと、2.1ポイントの下落であった。


■視聴率の推移を見る

 第4話で視聴率が10%台を切ってしまった『テバク』。以後は、10%の大台が遠ざかったままだった。

 7.7%という最低の視聴率になったのが、5月30日放送の第19話だった。ネタバレになるので詳細をはぶくが、この回は首をかしげるような展開となり、視聴率がさらに落ちたのもやむをえない、というような状況だった。

 同時間帯に放送されていた月火ドラマの中で、『町の弁護士チョ・ドゥルホ』(KBS)はグングンと視聴率をあげ、大評判となっていた。『テバク』はライバルに完全に水をあけられてしまったのだ。

『テバク』視聴率

第1話(3月28日)  11.8%

第2話(3月29日)  12.2%

第3話(4月4日)   11.6%

第4話(4月5日)   9.5%

第5話(4月11日)  9.2%

第6話(4月12日)  8.4%

第7話(4月18日)  9.1%

第8話(4月19日)  8.7%

第9話(4月25日)  8.0%

第10話(4月26日) 8.9%

第11話(5月2日)  8.9%

第12話(5月3日)  9.2%

第13話(5月9日)  8.7%

第14話(5月10日) 8.4%

第15話(5月16日) 8.4%

第16話(5月17日) 9.6%

第17話(5月23日) 9.5%

第18話(5月24日) 8.5%

第19話(5月30日) 7.7%

第20話(5月31日) 8.1%

第21話(6月6日)  10.3%

第22話(6月7日)  9.9%

第23話(6月13日) 9.2%

第24話(6月14日) 10.0%


■平均視聴率は及第点

『町の弁護士チョ・ドゥルホ』は『テバク』より4話少ない全20話だった。このドラマの放送が先に5月31日に終わったので、『テバク』にとっては大きなチャンスになった。『町の弁護士チョ・ドゥルホ』を見ていた人たちが『テバク』に移ってくる可能性が高かったからだ。

 確かに、『町の弁護士チョ・ドゥルホ』の放送がなくなった6月6日の第21話は10.3%を記録して前話から2.2%も上昇した。『町の弁護士チョ・ドゥルホ』が放送終了になった効果は確実であったのだ。

 しかし、その効果も長続きせず、第22話は9.9%となり、第23話はさらに9.2%まで下がった。

 そうした状況の中で、『テバク』は6月14日に最終話を迎えた。注目された視聴率は10.0%。最後は再び10%台に乗って放送を終えた。

 全24話の平均視聴率は9.3%。この数字だけを見ると、決して悪くない。むしろ、健闘したと言えるのではないだろうか。

 同時間帯に『町の弁護士チョ・ドゥルホ』のような強力な人気ドラマがありながら、平均で9.3%の視聴率をあげた『テバク』。チャン・グンソクのファンからすれば、もっと上の数字を期待していたかもしれないが、それ以前の前2作(『ラブレイン』と『キレイな男』)が低視聴率だったことを考えると、『テバク』の平均視聴率9.3%は、十分に及第点だと言える。

■転機となる作品

 作品性から見た『テバク』の問題点は、次の3つに集約できるのではないか。

 1.脚本の出来に疑問符が付いた。その場しのぎの「奇をてらった展開」が多かった。

 2.演出に雑な面が見られた。撮影時の準備不足と指摘されても仕方がない。

 3.女優陣の演技に難があった。キャスティングが正しかったのかどうか。

 以上の3点については、視聴者からも激しい批判が寄せられていた。

 一方、チャン・グンソクの演技はどう評価されたのか。賛否両論があったが、好意的な意見が多かったのも事実だ。

 実際、本物のヘビを食らうという俳優魂は大いに称賛されていた。いずれにしても、チャン・グンソクが『テバク』によって本格派俳優への道を確実に歩みはじめたのは確かだろう。間違いなく、『テバク』はチャン・グンソクにとって今後へ向けての転機となった作品である。

 最終話の視聴率はピッタリの10.0%。大台に復帰して物語を終えることができたのは本当に良かった。

 そういう意味では、あの『テバク』が有終の美を飾った、と言ってもいいのではないだろうか。

文=康 熙奉(カン ヒボン)
(ロコレ提供)

最終更新:6月15日(水)17時53分

WoW!Korea

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。