ここから本文です

新世代のメロディメーカーLUCKY TAPES、ニューALよりリード曲MV公開

BARKS 6月15日(水)19時55分配信

7月6日に発売されるLUCKY TAPESの2ndアルバム『Cigarette&Alcohol』より、リード曲「TONIGHT!」のミュージックビデオが公開された。

◆LUCKY TAPES「TONIGHT!」MV映像

新世代のメロディメーカーにして、近年はインディーシーンを牽引してきた3ピース、LUCKY TAPES。既にライブではハイライト曲としてお馴染みの同曲のミュージックビデオを手がけたのは、FRAPBOISの映像や木村カエラ、乃木坂46のミュージックビデオなどでも知られる映像作家・近藤大介氏だ。映像では、ボーカル高橋海が描いたファンタジー感溢れる楽曲の世界観が見事に表現されている。

またLUCKY TAPESは、フジロックへの出演も決定しており、今年の夏は音楽シーンの台風の目となる予感。引き続き注目したい。

アルバム『Cigarette & Alcohol』
2016年7月6日発売
RYECD260 ¥2,500+税

[収録曲]
01. LOVE LOVE
02. Mr. Robin
03. レイディ・ブルース
04. 贅沢な罠
05. パレード
06. ミルク
07. 夜想曲
08. MOON
09. スローモーション
10. TONIGHT!


【LUCKY TAPES プロフィール】
高橋海(ヴォーカル/キーボード)、田口恵人(ベース)、高橋健介(ギター/シンセ)の3人組。
2014年6月に結成され、その僅か2ヶ月後の8月に、ORGE YOU ASSHOLEやシャムキャッツ等が出演するイベント「Booked!」に出演。しかもそれがバンドにとって初ライブとなるものの、そのパフォーマンスはオーディエンスから高い評価を獲得。同年9月にはライブ会場とレーベルのオンライン・ショップのみで1,000枚限定のEP『Peace and Magic』を発表し、それが僅か3ヶ月で完売。
また、同作からの楽曲が菊池亜希子主演の映画「グッド・ストライプス」にも挿入歌として使用され話題に。
その後も精力的にライブ活動を続け、Suchmos、Shiggy Jr、Ykiki Beat、The Fin、Yogee New Wavesら同世代のバンドらとも共演を重ね、早耳の音楽ファンを中心に注目を集める。

2015年4月には、ceroの『Obscure Ride』を手がけた得能直也氏をエンジニアに迎え公式デビュー・シングル『Touch!』を7インチ・レコードにてリリースするも、大幅なオーダーショートにより発売前にレーベル在庫が完売(現在も一部オークションで高値で取引されるなどプレミア・アイテムとなっている)。そんな期待と話題が最高潮に達する中、引き続きエンジニアに得能氏を迎えたデビュー・アルバム『The SHOW』を8月にリリース。同作はインディとしては異例とも言える大ヒットを記録し、現在までもロングセラーを続けている。
翌月に渋谷WWWにて開催された初のワンマン・ライブでは総勢13名の編成でのライブを敢行し、チケットもソールド・アウト。その後の全国ツアーでもソールドアウトが相次ぐなど、ホーン・セクションやコーラス、パーカッションなどを加えたライブ・パフォーマンスも各地で好評を博す。

2016年1月には、スカートやD.A.Nを手がける葛西敏彦氏をエンジニアに迎えたニュー・シングル『MOON』をリリース。曽我部恵一氏がツイッター上で「溜め息が出る」と賞賛のツイートを上げた同作では、バンドが新たなフェーズに入ったことを高らかに告げる楽曲として絶賛の声と共にスマッシュヒットを記録。

同年5月には、二階堂ふみ主演の映画「オオカミ少女と黒王子」に挿入歌として書き下ろし楽曲を2曲提供。
また、6月にはタイコクラブ、7月にはフジロック・フェスティバルなど大型フェスへの出演も決定し、更なる飛躍が期待されている。

約1年ぶりとなる待望の2ndアルバムには、エンジニアにtoeの美濃隆章氏、ドラムにmabanua氏(Chara、大橋トリオ、矢野顕子 etc)、ストリングス・アレンジに徳澤青弦氏(くるり、ハナレグミ、the HIATUS etc)、そしてトランペットには類家心平氏(菊地成孔ダブ・セクステットetc)という最強のメンバーを迎え、先行シングルとなった「MOON」や「パレード」、そして現在ライブのハイライト曲として音源化が望まれていた「TONIGHT!」を含む全10曲を収録。

また、ソングライターでもあるヴォーカルの高橋はソロ名義にて、東京メトロ、JR新宿ミライナ・タワー、スタジオクリップ、IKEAなどのCM音楽や、Negiccoのアレンジなどを手がけ、トラックメイカー/プロデューサーとしても各方面より高い評価を受けている。

最終更新:6月15日(水)19時55分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。