ここから本文です

元ウイングスのギタリスト、ヘンリー・マカロック死去

BARKS 6月17日(金)13時55分配信

1972年から約1年半ウイングスに在籍していたギタリスト、ヘンリー・マカロックが火曜日(6月14日)、亡くなった。72歳だった。彼は2012年に心臓発作を起こし、脳に損傷が生じたと伝えられていた。

◆ヘンリー・マカロック画像

マカロックは、ウイングスが1973年にリリースしたセカンド・アルバム『Red Rose Speedway』のレコーディングに参加したほか、007シリーズ第8作目『007 死ぬのは奴らだ』のテーマ・ソングとなった「Live And Let Die」(1973年)でもギターをプレイした。

ポールは「今日、僕らの素晴らしいウイングスのギタリスト、ヘンリー・マカロックが亡くなったと知り、とても悲しい」との追悼の言葉を発表している。「彼と仕事をするのは楽しかった。ものすごく才能があるミュージシャンで、素晴らしいユーモアのセンスの持ち主だった。「My Love」で彼がプレイしたソロは、オーケストラの生演奏を前に彼が即興で創り上げた傑作だった。僕の家族から彼の家族へお悔やみ申し上げます」

マカロックはウイングスだけでなく、ジョー・コッカー、ドクター・フィールグッド、マリアンヌ・フェイスフルら多くのミュージシャンとプレイしてきた。また、ピンク・フロイドの『The Dark Side Of The Moon』(1973年)に収録される「Money」の最後で流れるスポークン・ワードの一節「I don't know, I was really drunk at the time」は彼のものだった。

ヴァン・モリソンも「とても悲しい」と追悼の言葉を寄せている。

合掌。

Ako Suzuki

最終更新:6月17日(金)13時55分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。