ここから本文です

中屋敷法仁が演出、朗読劇『僕ヶ原』『俺の陣』キャスト一新で再演

CINRA.NET 6月15日(水)19時5分配信

朗読劇『僕とあいつの関ヶ原』『俺とおまえの夏の陣』が、7月に東京・天王洲の銀河劇場で上演される。

【もっと大きな画像を見る】

若い世代の脚本家、演出家、俳優で舞台作品を制作する企画『銀河劇場ニュージェネレーションシリーズ』の一環として上演される両公演は、キャストを一新した再演となる。

7月7日から上演される『僕とあいつの関ヶ原』は、出演者を「青竹チーム」と「紫陽花チーム」の2チームに分けて上演する。「青竹チーム」には猪塚健太、尾関陸、西川俊介、松田岳、矢部昌暉(DISH//)、「紫陽花チーム」には荒田至法、尾関陸、黒羽麻璃央、染谷俊之、松田凌が名を連ねている。

新たな視点で伊達政宗を描く『俺とおまえの夏の陣』は7月10日に上演される。出演者は須賀健太、染谷俊之、黒羽麻璃央、猪塚健太。

両公演の脚本は、映画『ヒロイン失格』『脳漿炸裂ガール』などの吉田恵里香、演出は劇団「柿喰う客」代表の中屋敷法仁が担当する。チケット一般発売は6月18日からスタート。

CINRA.NET

最終更新:6月15日(水)19時5分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。