ここから本文です

熱中症注意「水分、休息を」 県内真夏日5人搬送

宮崎日日新聞 6/15(水) 11:33配信

 梅雨の晴れ間がのぞき、一部で気温30度を超える真夏日となった14日、県内では10~90代の5人が熱中症の疑いで救急搬送された。体が暑さに慣れていない6、7月は患者が急増する時期でもあり、県は「小まめな水分補給と休息を」と注意を促している。

宮崎日日新聞

最終更新:6/15(水) 11:33

宮崎日日新聞