ここから本文です

経済効果15億円 ファン3万人見込む AKB48「総選挙景気」に沸く新潟

日本農業新聞 6/15(水) 12:30配信

 7月の参院選より一足早い総選挙で新潟が沸いている。国民的アイドルのAKB48グループが18日、新潟市の野球場で45枚目のシングル曲を歌うメンバーを選ぶ「第8回AKB48選抜総選挙」を実施するからだ。全国からファン3万人が押し寄せる絶好のチャンスを生かそうと、新潟の農産物をアピールする動きや、地元「NGT48」を応援する農家のお母さんグループも出てきた。

 総選挙は、次に発売するシングル曲を歌うメンバー16人を選ぶイベント。NGT48などAKB48グループなどに属するメンバーが立候補し、全国のファンが、歌ってほしいメンバーに一票を投じる。地方での開催は昨年の福岡市に続く試みで、コンサートと開票イベントの2本立て。新潟市によると、経済効果は15億6400万円に上るという。

特産PRの好機 米もちろん茶豆も

 市は、この機会を「県外の若いファンにPRする絶好のチャンスだ」(食と花の推進課)と受け止める。開票会場となるハードオフエコスタジアム新潟前広場では、特産エダマメ「くろさき茶豆」をPRし、開票イベントが始まる前に「じゃんけん大会」を開催。勝者には「くろさき茶豆」が旬を迎える8月に、JA全農のネットショップ「JAタウン」から発送する。試食も実施し、おいしさを発信する。

 エダマメだけでなく「コシヒカリや西洋梨のル レクチエなど、新潟には豊富な農産物があることを知ってほしい」(同)と、JAタウンのちらしも手渡す作戦だ。

農家も応援

 女性農業者も注目する。同市中央区の大坂昌子さん(69)は、AKB48の妹分で、2015年8月に結成した新潟市を拠点に活動するNGT48のメンバー選出を期待する。大坂さんらでつくる「新潟ライスガールズ」は15年秋、NGTのメンバーと連携して「新潟米」をアピールしたことが縁で、県産米のおにぎりを差し入れるなどして結成間もない彼女たちの活動を支えてきたからだ。

 それだけに大坂さんは「活動が始まったばかりだけど、一人でも多くのメンバーが上位に選出されてほしいわ」と声援を送る。

タクシーにステッカー 近隣ホテル予約で満室

 アイドルグループの大型イベントとあって市内のタクシー会社は、総選挙をPRするステッカーを貼って走行。はとタクシー(株)の齋藤大常務は「全国が注目する大型イベント。県外のお客さんに新潟の魅力を伝えたい」と話す。

 市内の宿泊施設は既に満室の状況で、周辺の市町村にも影響が出ている。JR新潟駅から上越新幹線で30分ほどのJR長岡駅近くのホテルにも及んだ。JA越後ながおかの子会社が駅前で運営するホテルニューオータニ長岡も満室の状況という。客室担当者は「新潟市で開催するという発表があってすぐ、満室になってしまった」とAKB効果に驚く。(妻木千尋)

日本農業新聞

最終更新:6/15(水) 12:30

日本農業新聞