ここから本文です

小橋興行で佐々木健介が久々にリングへ!メインは壮絶なチョップ合戦!

バトル・ニュース 6/15(水) 13:57配信

6月14日(火)、東京・後楽園ホールで、小橋建太主催興行「Fortune Dream 3」が行われた。

 恒例のトークバトルは、小橋×佐々木健介。健介がリングに立つのは自身の引退を突然決めた中嶋勝彦戦以来。なりゆきで、互いに「ケンチャン」と呼び合うことになり、話は05年の東京ドームでの対戦のことに。負けた健介は試合後の控室でプッシュアップをはじめ、試合の翌日は互いにそれぞれ練習していたことを明かした。
 引退してもお互い、今でもライバルだと認め合う、この2人。互いにウエイトトレの練習時間は特に決めず、納得するまでやったとのこと。健介が最長は7時間だと言うと、小橋は負けずに8時間と言い放った。

 観衆は1300人。第一試合から熱い試合が続き、会場のムードは実にいい。笑顔の観客からは、みんなが小橋が大好きなのが伝わってくる。
 前半は女子の試合がアクセントになり、メインは壮絶な4人のチョップ合戦に末、30分で決着がつかず、5分間の延長戦で勝負がついた。

【写真・文/安西伸一[フリーライター]】

最終更新:6/15(水) 13:57

バトル・ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています