ここから本文です

全国的に曇り空 西日本を中心に真夏日になる所も

ウェザーマップ 6月15日(水)7時5分配信

 きょう15日は全国的に雲が多く日差しが少ないが、西日本を中心に気温が30℃以上の真夏日になる所が多い予想だ。湿度が高く蒸し暑くなるため、熱中症に注意を心がけたい。

 きょうは湿った空気の影響で広い範囲で雲が広がり、午後は山沿いでにわか雨、夜からは東北で雨が降り出す予想。ただ、九州から近畿、北陸では、気温が30℃を超える所が多くなる見込みだ。

 <予想最高気温(午前5時発表)>
 33℃ 日田(大分県)
 32℃ 京都、鳥取、人吉(熊本県)、石垣島など
 31℃ 福井、豊岡(兵庫県)、熊本など
 30℃ 金沢、大阪、松江、高松、福岡、鹿児島など

 なお、あす16日(木)は全国的に雨が降り、西日本では大雨になるおそれがある。川の増水、低い土地の浸水、土砂災害に注意が必要となる。
 17日(金)は次第に天気が回復する所が多く、19日にかけて日差しがあり気温が高くなる見込み。関東から西の地域を中心に30℃以上の真夏日、内陸部では35℃以上の猛暑日になる可能性がある。熱中症に一層の注意が必要だ。

最終更新:6月15日(水)7時15分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。