ここから本文です

川栄李奈、ほのぼの花嫁姿を披露。「結婚」から「妊娠」まで幅広い活躍で注目を浴びる。

E-TALENTBANK 6/15(水) 13:32配信

いま川栄李奈の活躍がすごい。注目されるのはその演技の幅。

2015年8月にAKB48を卒業し、間もなく、舞台「AZUMI -幕末編-」の主役あずみを好演。ファンや業界関係者から多大なる賞賛の声を受けた。

2016年1月クールでは、ドラマ「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~(日本テレビ)」に出演し、心の動きを繊細に表現しなくてはいけない「女子高生」役を見事に好演し、話題を集める。

女子高生役を演じたかと思えば、今話題になっているNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」での祝言(結婚)シーン。WEB内では「かわええー!」「りっちゃん似合うね」等の川栄ファンのコメントがある中、「次クールのドラマ 主演や出演者いっぱい発表されているが川栄さんの名前が無いよー;;」「川栄さんは色んなドラマでとても良い脇役を演じあげてる。またこいつ出てる、みたいな。」と、川栄を女優として捉え、次回の出演を楽しみにする声が多数上がっている。

また、4月クールからスタートしているフジテレビのドラマ「早子先生、結婚するって本当ですか?」では妊婦役を演じており、女子高生から結婚、妊婦役とその演技の振り幅に賞賛のコメントが相次ぐ。

明日16日(木)にドラマ「早子先生、結婚するって本当ですか?」が最終回を迎え、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」は今週17日(金)が特に見どころ。今週は川栄ウィークになりそうだ。

今後も確実に色々な作品に登場していくことが容易に予想される川栄李奈。これからの活躍に目が離せない。

最終更新:6/15(水) 13:32

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]