ここから本文です

新型「プリウスPHV」こそ“本命プリウス”!走りの良さもプリウスを上まわる!?

オートックワン 6/15(水) 15:50配信

10月26日に発売される新型プリウスPHVの日本仕様が、東京ビッグサイトで開催されている「スマートコミュニティ展」で先行発表された。

現行プリウスをあらゆる面で上まわる、日本初公開の新型プリウスPHV フォトギャラリー [画像116枚]

すでにアメリカ仕様もニューヨークショーでも発表済み。先代プリウスPHVの販売台数がイマイチだったため、新型は時間を掛けてアピールしていこうという作戦なのだろう。

加えて、新型プリウスの受注を見るとすでに頭打ち。個性的過ぎるフロントのデザインや、先代より小さく見えるボディがユーザーに受け入れられていないように思う。

納期も発売から半年経っても6ヶ月以上だった先代と比べ、売れ筋グレードで1~2ヶ月と短い。PHVの追加により販売台数の上乗せを狙っているのだと思う。

公表された新型プリウスPHVを見て驚く!先代は普通のプリウスと全く同じスタイルだったのに、新型の場合、大きく変更している。

普通のプリウスとPHVの写真を並べてみると、フロントもリアも別のクルマと言ってよいほど違う。中でも圧倒的な質感の差になっているのがフロント。普通のプリウスのヘッドライトはお笑いタレントが目尻にセロテープを貼ったような妙な形状をしているのに対し、PHVの場合、ジェントルな正統派。高い評価を得ている燃料電池車ミライのような新しさも感じる。上質感も併せ持つため、PHVのデザインが嫌いだという人は少ないだろう。

リアは走行用電池を増量したためボリュームを増しているけれど、フロントのデザインと上手にバランスさせており、これまた上質感が出せている。スペックを見て「凄いですね」なのは、リアドアに軽くて丈夫なカーボンを使っていること。金属より形状も自由になるため、曲面のリアガラスを採用出来た?

インテリアだって新しい!センターコンソールに縦置き11.6インチのディスプレイを設定。これで室内の”景色”がイッキに変わった。ナビとしての機能だけでなく、スマートフォンのように使うことも出来る。

興味深いのは、アップル・カープレイのような既存のソフトを使っていないこと。私はナビとして7インチと10インチのタブレットを使っているけれど、少なからぬ頻度でフリーズするなど信頼性イマイチ。太陽光差し込むとディスプレイが見えにくい。電器業界ではOKなタブレットの信頼性も、自動車業界的には許容出来ない点が多いと言うことをトヨタも考えたのだろう。

1/2ページ

最終更新:6/15(水) 16:14

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。