ここから本文です

広島戸田が2戦連続好投 あと1死で4勝目逃すも「試合作れたのが一番の収穫」

Full-Count 6月15日(水)8時50分配信

守護神・中崎が森に被弾し4勝目消える

 14日の西武戦で先発した広島の戸田が、7回1失点の好投でチームの勝利に貢献した。9回に中崎が森に同点弾を浴びて4勝目は逃したが、先発転向後、2試合連続の好投に「試合を作れたのが一番の収穫」と、満足の表情を見せた。

広島、過去10年のドラフト指名選手一覧

 チーム事情で交流戦中に先発要員となった左腕だが、今季2度目の先発となった前回の日本ハム戦で勝利投手となった。この日は強力打線の西武を相手に、「球数は意識せず、一人一人アウトを取ろうと思った結果です」と、7回までメヒアのソロによる1点のみに抑えた。

 勝利投手の権利を持っての降板だったが、あとワンアウトで勝利の場面で、守護神の中崎が打たれた。先発での連勝を逃したが、戸田は「チームが勝てたのでよかったです」と、気にする様子はなかった。

 緒方監督は「走者を出してもバタバタすることがなくなった。先発として、しっかり結果を残した」と戸田を褒め、「また次回登板に期待したいです」と結んだ。

 チームとしては、待望の先発左腕となるが「まだ2試合、いい投球が続いただけ。野手がよく守ってくれるということもある」と浮かれる様子はない。先発、リリーフ兼用の便利屋的存在から、先発ローテ定着に向け、「今後もこういう投球を続けていきたい」と次回登板に意欲を見せた。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:6月15日(水)8時50分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]