ここから本文です

全仏女王ムグルサ 世界61位に敗れ初戦敗退<女子テニス>

tennis365.net 6月15日(水)10時3分配信

マヨルカ・オープン

女子テニスツアーのマヨルカ・オープン(スペイン/ マヨルカ島、芝、WTAインターナショナル)は14日、シングルス1回戦が行われ、第1シードで今年の全仏オープンを制したG・ムグルサ(スペイン)はK・フリッペンス(ベルギー)に3-6, 4-6のストレートで敗れ、初戦敗退となった。

この試合、ムグルサは6度のブレークチャンスのうち1度しかブレークに繋げることが出来ず、フリッペンスに3度のブレークを許して1時間12分で敗れた。

ムグルサは先日の全仏オープン決勝でS・ウィリアムズ(アメリカ)を下してグランドスラム初優勝。世界ランキングでも自己最高となる2位に登り詰めた。

昨年のウィンブルドンではA・ケルバー(ドイツ)、C・ウォズニアキ(デンマーク)、A・ラドワンスカ(ポーランド)らを下して四大大会で初めて決勝まで勝ち進んでおり、今年も優勝候補の筆頭にあげられている。

一方、勝利したフリッペンスは2回戦で世界ランク43位のM・プイグ(プエルトリコ)と対戦する。

また、同日には世界ランク70位の日比野菜緒(日本)が第7シードのL・シゲムンド(ドイツ)に敗れ、初戦敗退となった。

tennis365.net

最終更新:6月15日(水)10時3分

tennis365.net