ここから本文です

大島優子、NYのクラブでモテまくり! 渡辺直美が「謎のサークル」明かす

トレンドニュース(GYAO) 6/15(水) 16:43配信

お笑いタレントの渡辺直美が、「モテる人は世界共通でモテる」として、元AKB48・大島優子のニューヨークのクラブでの尋常でないモテっぷりを明かした。

GYAO! にて“番組本編まるっと“無料配信中>>

渡辺は6月14日深夜放送の日本テレビ系「今夜くらべてみました」で、「バーでただトイレに行くまでの間にも『横に座って』『この後ふたりで抜け出さない?』と何人もに声をかけられて大変だった」というNY留学中の自身のモテエピソードを披露した。

だがさらに上を行くモテっぷりを見せた女性芸能人がいたらしい。たまたまオフだった大島優子とNYで合流し、クラブに連れて行ったという渡辺は、「優子ちゃんってすごく愛想がいい子だから、クラブとかでいろんな外国の人と目が合ったら、ニコッとするんですよ。そうしたら皆『こいつなんじゃ~?』みたいな感じになって」と明かす。男たちの視線を集めまくった結果、無邪気に踊る大島の周りを8人ほどの男たちが囲んで踊り、「謎のサークル」ができていたと話した。渡辺は「モテる人は世界共通でモテるんだと思った」と熱弁した。

ほかにも渡辺は、「アメリカ人からのキュンときたメール」や「『君の初めての○○を僕にくれてありがとう』という気持ち悪い口説かれ方」などグローバルなモテ女ならではの数々のエピソードを披露し、スタジオを盛り上げた。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:6/15(水) 16:43

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]