ここから本文です

広島・赤松、今季初3連敗危機救う一打 「半信半疑」も判定覆りヒーローに

Full-Count 6月15日(水)9時4分配信

今季初のお立ち台に上がった赤松、緒方監督も「大きな仕事をしてくれた」

 広島の赤松真人が、14日の西武戦でサヨナラ打を放った。今季初のお立ち台に立った赤松は「前回のヒーローインタビューは、もう覚えていないです」と報道陣を笑わせた。

「こんな機会は2度とないですから」と、報道陣に囲まれた赤松は笑顔を見せた。ホームのクロスプレーで、一旦アウトになった判定が、コリジョンルールの適用で、一転してサヨナラ打となった。

 赤松は「自分は全然わからなかったが、(走者の)菊池が100パーセント、セーフと言っていた。半信半疑だったけど、よかったです」と喜んだ。緒方監督の抗議の後、審判団の長い協議となり「セーフという結果を祈っていた」という赤松だが、チームメイトに「これでアウトなら、お前本当に持ってないなと言われた」と明かして周囲を笑わせた。

 今季は主に代走、守備要員だが、少ない打席のチャンスを生かした。赤松は「打席に入る以上は、ベテランだとか、打席数とか、そういうことは関係ないと思っている。ただ、機会が少ない分、結果が出なければイラつきも増すので、こういった場面ではあとで後悔しないようにと、常に心がけている」と、控え選手としての心情を明かした。

 守護神の中崎が打たれ、同点に追いつかれた直後の殊勲打だった。赤松は「ザキはこれまで頑張っていたし、打たれる時もある。野手も投手も、お互いにカバーし合いながら、それをわかった上でやっていかないといけない」と投手を気遣う姿勢も見せた。

 負ければ今季初の3連敗だったが、途中出場の赤松がチームを救った。緒方監督は「走りのスペシャリストが、バットで大きな仕事をしてくれた」と、伏兵の活躍に満足そうな様子だった。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:6月15日(水)9時4分

Full-Count