ここから本文です

埼玉西武と千葉ロッテのラッピングバス、相手本拠地でも運行へ

乗りものニュース 6/15(水) 14:00配信

6月と9月の「埼玉 vs. 千葉シリーズ」期間中に運行

 西武バスと京成バスは2016年6月14日(火)、「埼玉西武ライオンズ」と「千葉ロッテマリーンズ」が実施するイベント「埼玉 vs. 千葉シリーズ」にあわせ、各球団のロゴとカラーをあしらったラッピングバスを対戦チーム側の本拠地に相互に派遣し、運行すると発表しました。

 両社によるとラッピングバスは「『埼玉 vs. 千葉シリーズ』を盛り上げ、両球団のファンの皆さまに喜んでいただくため」に2013年から運行。シリーズ期間中は両球団のラッピングバスを球場周辺で見ることができるといいます。

「西武プリンスドーム」(埼玉県所沢市)で「埼玉西武ライオンズ」の主催試合が開催される6月25日(土)と26日(日)の2日間は、京成バスが「マリーンズデザインラッピングバス」を「埼玉西武ライオンズ」側に派遣。西武バスの「ライオンズデザインラッピングバス」とともに、「西武プリンスドーム」と多摩モノレールの上北台駅(東京都東大和市)、立川駅(同・立川市)とのあいだを走ります。

 逆に、「QVCマリンフィールド」(千葉市美浜区)で「千葉ロッテマリーンズ」の主催試合が行われる9月2日(金)から4日(日)の3日間は、西武バスが「ライオンズデザインラッピングバス」を「千葉ロッテマリーンズ」側に派遣。京成バスの「マリーンズデザインラッピングバス」とともに、「QVCマリンフィールド」と海浜幕張駅(同)とのあいだを往復します。なお、「マリーンズデザインラッピングバス」は「QVCマリンフィールド」と幕張本郷駅(同・花見川区)とのあいだで運行される予定です。

 両社は「西武プリンスドーム及びQVCマリンフィールドへお越しの際は、両球団カラーのバスで運行される西武バス・京成バスをご利用ください」としています。

最終更新:6/15(水) 14:45

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。