ここから本文です

埼玉西武と千葉ロッテのラッピングバス、相手本拠地でも運行へ

乗りものニュース 6月15日(水)14時0分配信

6月と9月の「埼玉 vs. 千葉シリーズ」期間中に運行

 西武バスと京成バスは2016年6月14日(火)、「埼玉西武ライオンズ」と「千葉ロッテマリーンズ」が実施するイベント「埼玉 vs. 千葉シリーズ」にあわせ、各球団のロゴとカラーをあしらったラッピングバスを対戦チーム側の本拠地に相互に派遣し、運行すると発表しました。

 両社によるとラッピングバスは「『埼玉 vs. 千葉シリーズ』を盛り上げ、両球団のファンの皆さまに喜んでいただくため」に2013年から運行。シリーズ期間中は両球団のラッピングバスを球場周辺で見ることができるといいます。

「西武プリンスドーム」(埼玉県所沢市)で「埼玉西武ライオンズ」の主催試合が開催される6月25日(土)と26日(日)の2日間は、京成バスが「マリーンズデザインラッピングバス」を「埼玉西武ライオンズ」側に派遣。西武バスの「ライオンズデザインラッピングバス」とともに、「西武プリンスドーム」と多摩モノレールの上北台駅(東京都東大和市)、立川駅(同・立川市)とのあいだを走ります。

 逆に、「QVCマリンフィールド」(千葉市美浜区)で「千葉ロッテマリーンズ」の主催試合が行われる9月2日(金)から4日(日)の3日間は、西武バスが「ライオンズデザインラッピングバス」を「千葉ロッテマリーンズ」側に派遣。京成バスの「マリーンズデザインラッピングバス」とともに、「QVCマリンフィールド」と海浜幕張駅(同)とのあいだを往復します。なお、「マリーンズデザインラッピングバス」は「QVCマリンフィールド」と幕張本郷駅(同・花見川区)とのあいだで運行される予定です。

 両社は「西武プリンスドーム及びQVCマリンフィールドへお越しの際は、両球団カラーのバスで運行される西武バス・京成バスをご利用ください」としています。

最終更新:6月15日(水)14時45分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]