ここから本文です

浦和、宿敵倒し迫れ首位 15日アウェーG大阪戦へゲーム形式練習

埼玉新聞 6月15日(水)10時32分配信

 明治安田J1第1ステージは15日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の影響で延期されていた第10節の2試合を行い、勝ち点27の暫定3位浦和はアウェーで8位G大阪と対戦する(19時・吹田ス)。昨年のチャンピオンシップ(CS)準決勝や天皇杯全日本選手権決勝で敗れた宿敵を倒し、2試合消化の多い勝ち点7差の首位川崎と同6差の2位鹿島に迫る構えだ。

 チームは前日の14日、大原サッカー場で最終調整した。ミシャ監督は直近のリーグ3試合で2分け1敗の成績を受け「よくない時期でもいかに努力し、結果を残し、好転させていけるか。こういう時期だからこそしっかりと自分たちのやることをやりたい」と足元を見つめた。前節はホームで鹿島に0―2で負けた。

 練習は11対11のゲーム形式を行い、出場停止の森脇に代わって主力組の3バック右に加賀が入った。両ワイドは左右を入れ替え、右に宇賀神、左に関根が起用された。西川、遠藤、槙野、柏木、阿部、李、武藤、興梠のほか、交代でズラタンと駒井も主力で試された。

最終更新:6月15日(水)10時32分

埼玉新聞

スポーツナビ サッカー情報