ここから本文です

関東の鉄スクラップ電炉購入値、じわり上昇し一部2万円も

鉄鋼新聞 6/15(水) 6:00配信

 関東地区電炉メーカーの鉄スクラップ購入価格が個別対応でじわりと上昇し、一部で約半月ぶりの2万円に戻している。湾岸価格のジリ高を背景に市況に底値感が台頭。市中荷動きが鈍化したことでメーカー入荷が減少し、個別対応を含めた買値引き上げが湾岸周辺だけでなく北関東メーカーにも波及し始めている。14日時点でメーカー実勢購入価格(H2)は1万8500~2万円どころ。一部高値で2万500円も指摘された。ただ、為替の円高傾向や韓国メーカーの調達意欲の不透明感など弱気材料も多い。

 関東地区の鉄スクラップ市況は5月中旬から急落し、下旬にはメーカー買値が2万円を割り込んだ。ただ、足元ではシッパーの集荷意欲が強まり、湾岸価格がジリ高で推移。14日時点の湾岸価格(H2)は1万9千~9500円で高値寄り。今週の関東湾岸の船積みは約5万5千トンと契約残の消化が進められている。すでに6月上旬から湾岸周辺メーカーでは個別対応で買値を引き上げる動きが出ていたが、ここにきて内陸の北関東メーカーでも入荷減に対応した買値引き上げが広がった格好。
 一方、14日午後3時時点で為替が1ドル=105円台と円高が進んでいることは目先の輸出には弱材料。これに加え、韓国・現代製鉄が米国産スクラップをCFR233ドルで2カーゴ(約8万トン)手当てしたとされ、目先は日本からの調達意欲が鈍りそう。
 関東地区の市況は湾岸主導で基調が強まっているものの、上げ圧力は限定的のため、目先はジリ高の展開との見方が有力。

最終更新:6/15(水) 6:00

鉄鋼新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。