ここから本文です

チームメイトにまで肘打ち! EUROでも顔を出したフェライニのエルボーを英紙が批判

theWORLD(ザ・ワールド) 6月15日(水)8時0分配信

フェライニ・スペシャルの被害者となったのは……

マンチェスター・ユナイテッド所属のベルギー代表MFマルアン・フェライニにまたも嫌な話題が出ている。

フェライニは13日に行われたイタリア代表戦に先発出場し、持ち前の高さを活かして何とかイタリア守備陣を崩そうと奮闘していた。しかしなかなか崩せないことにイライラしたのか、またしてもフェライニの悪癖である肘打ち行為が出てしまった。

しかも被害者となったのはマンUでチームメイトのDFマッテオ・ダルミアンだ。英『METRO』はフェライニが空中戦で競り合った際にダルミアンの顔面に肘を入れていた場面があったと伝えており、マンUでダルミアンと再会した際には謝罪すべきと主張している。

フェライニには以前から肘を使ってしまう癖があり、これには元リヴァプールDFジェイミー・キャラガー氏も2度とプレミアリーグでプレイしないでほしいと苦言を呈していた。同メディアは今回フェライニ・スペシャルを喰らったのはダルミアンだったと伝え、フェライニは何も学んでいないのかとクラブのチームメイトへのエルボーアタックを残念がっている。

フェライニはマンUで肘打ち行為によって出場停止処分を受けているが、EUROでも同様の処分を受けることは避けてもらいたいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月15日(水)8時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報