ここから本文です

大阪駅にホームドア設置へ 左右スライド式を採用

乗りものニュース 6/15(水) 16:37配信

使用開始は2017年春ごろを予定

 JR西日本は2016年6月15日(水)、大阪駅の6、7番のりばにホームドア(可動式ホーム柵)を設置すると発表しました。

 6、7番のりばは、京都方面や神戸方面への普通電車が発着しています。そこに設置されるホームドアは高さ約1.3m、開口幅約2.9mの、扉が左右方向に開くタイプです。使用開始は2017年春ごろを予定しています。

 JR西日本では、これまでJR東西線の北新地駅(大阪市北区)や大阪天満宮駅(同)、学園都市線(片町線)の京橋駅(同・城東区)などにホームドアを設置。また、JR神戸線(東海道本線)の六甲道駅(神戸市灘区)と、JR京都線(東海道本線)の高槻駅(大阪府高槻市)では、横向きに張られたロープが上下方向に動く「昇降式ホーム柵」を使用しています。

乗りものニュース編集部

最終更新:6/15(水) 18:33

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。