ここから本文です

あっちゃん、奔放恋愛劇が最終章へ。「毒島ゆり子のせきらら日記」ゆり子は幸せになれるのか?小津と美登里の運命は?

E-TALENTBANK 6/15(水) 22:00配信

今夜第9話が放送される、前田敦子主演ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」。

先週放送された第8話では、ゆり子(前田敦子)が、小津の妻から依頼を受けたという弁護士・真田(バカリズム)からの呼び出しに応じ、小津(新井浩文)と真田との3者会談に臨むことに。1話がほぼ全てこの会談に当てられており、途中乱入した小津の娘(清原果耶)も含めた、4人の激しい修羅場が繰り広げられた。

そして、そこで明らかになった小津の正体に視聴者からはTwitterで「小津さんクズ過ぎぃぃいいい」「小津さんの突き抜けたクズっぷりは笑えた」「気持ちが良い程に潔い程に見事なまでにゲスっぷりを披露してくれた小津っちw」「最初から小津のこと1ミリも信じてなかった自分を褒めたい。」「小津のダメ男っぷりが想像を遥かに超えていた。」と、その“クズ”っぷりが評判を呼び、小津役の新井浩文も自身のTwitterで「お、小津、く、くずぅ~。 #毒島」とつぶやいていたほどだった。
 
今日放送の第9話では、傷心のゆり子の仕事にも大きな山場が訪れる。そして、小津との仲はこれで終わってしまうのか?クライマックスに向けて、大きな注目が集まりそうだ。

【第9話あらすじ】
小津、真田弁護士(バカリズム)との話し合いが終わり、どん底に落ちたゆり子は会社を休んでしまう。
しかし数日後、夏目(今藤洋子)から電話が入り、くろでん(片岡鶴太郎)が誠心党から離党すると聞いたゆり子はスクープをとるため国会へ向かう。
くろでん新党の極秘会議の情報をつかんだゆり子は、現場へ忍び込み、中川(高木渉)を取材。翌日、いよいよ、くろでん新党の立ち上げの日が来た…。

最終更新:7/11(月) 21:41

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]