ここから本文です

【MLB】前田健太、打球直撃緊急降板も「X線検査は異常なし」

Full-Count 6月15日(水)13時30分配信

地元メディア「右下肢の打撲」と伝える 6回途中3失点&6勝目の権利もって降板

 14日(日本時間15日)敵地でのダイヤモンドバックス戦に先発したドジャース前田健太投手は、6回に打球が右脚を直撃するアクシデントで緊急降板したが、X線検査の結果「異常なし」と地元テレビ局が伝えている。

野茂、石井、斎藤、黒田…ドジャースでデビューした日本人投手の初戦と1年目成績一覧

 2点リードの6回、先頭で迎えた敵主砲ゴールドシュミットの鋭いライナー性の打球が右ヒザ下を直撃。一塁に送球してアウトを奪った後、マウンド上に崩れ落ちた前田は、自力では立ち上がれず、トレーナーとコーチに脇を抱えられてダグアウトに戻っていた。

 長く続く苦悶の表情に大怪我が心配されたが、中継を担当する地元テレビ局は「X線検査の結果、異常は見つからなかったそうです。右下肢の打撲と発表されました」との朗報を伝えた。

 前田は5回1/3を投げて6安打6奪三振1四球3失点(自責2)で、勝利投手の権利を持ってマウンドを下りた。84球を投げて59ストライクだった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月15日(水)13時30分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報