ここから本文です

錦織 脇腹の痛みで2回戦棄権「全英までには」<男子テニス>

tennis365.net 6月15日(水)19時42分配信

ゲリー・ウェバー・オープン

男子テニスのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝、ATP500)は15日、第2シードの錦織圭(日本)は自身のオフィシャルアプリ「KEI NISHIKORI」を更新し、脇腹の痛みによりシングルス2回戦を棄権すると発表した。

ゲリー・ウェバーOP対戦表

錦織は「ドイツのファンには申し訳ないです。リハビリをしてウィンブルドンまでには間に合うと思う」と綴っている。

錦織は13日に行われたL・プイユ(フランス)との1回戦で試合中にメディカルタイムアウトを取り治療する場面もあり、今後の試合が不安視されていた。

2回戦では世界ランク192位のF・マイヤー(ドイツ)と対戦する予定だった。

ゲリー・ウェバー・オープンには今年で4年連続の出場。昨年は2年連続のベスト4進出を果たすも、準決勝で左ふくらはぎの負傷により途中棄権を余儀なくされた。

今年の全仏オープンは4回戦でR・ガスケ(フランス)に敗れベスト16の結果に終わった錦織。27日に開幕を迎えるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)に向け、前哨戦である今大会の活躍に期待がかかっていたが、不安を残す結果となった。

tennis365.net

最終更新:6月15日(水)20時17分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]