ここから本文です

錦織 シングルスに続き、ダブルスも棄権<男子テニス>

tennis365.net 6月15日(水)21時16分配信

ゲリー・ウェバー・オープン

男子テニスのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝、ATP500)は15日、シングルス2回戦に出場予定だった錦織圭(日本)が左脇腹の痛みにより試合前に棄権を発表。続けて、今大会のダブルスも棄権した。

錦織2回戦棄権 全英に不安

ゲリー・ウェバー・オープンのダブルスには4年連続の出場で、2013年はM・ラオニチ(カナダ)、2014年はR・ハーセ(オランダ)、2015年はS・ジョンソン(アメリカ)とペアで出場し、2013・2014年にはベスト8へ進出。

今年は、IMGで一緒に練習している仲のM・ヴィーナス(ニュージーランド)とペアで出場予定だった。

錦織の枠には、ラッキールーザーとしてS・ゴンザレス(メキシコ)/ S・リプスキー(アメリカ)組が入り、本戦入りとなった。

tennis365.net

最終更新:6月15日(水)21時16分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。