ここから本文です

不運続くロイス、半年間の長期離脱で代役獲得の可能性も……

theWORLD(ザ・ワールド) 6月15日(水)16時1分配信

ドイツ代表でも穴を埋めるのは簡単ではない

ドルトムントMFマルコ・ロイスの長期離脱はやはり免れないようだ。

先月22日に行われたバイエルン戦で負傷してしまったロイス。その影響でEUROに臨むドイツ代表のメンバーからも漏れてしまい、ロイスにとって厳しい時間は続いている。しかし、まだまだ受難は続くと独『Bild』は報じた。

ロイスの負傷は内転筋の筋断裂というもので、ケルンスポーツ大学のインゴ・フロブーゼ教授によれば「このような怪我の場合、6か月の休養が現実的」のようだ。そのため、ロイスは来季の半分近くを棒に振ってしまう可能性がある。

もちろんドルトムントにとってもエースの長期離脱は悩ましい問題だ。独『Sport Bild』によれば、ヴォルフスブルクに所属するドイツ代表MFアンドレ・シュールレ獲得を狙うという話もある。しかし、ロイスの穴はそう簡単に埋められるものでないことは明らかで、来季は苦戦が続くかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月15日(水)16時1分

theWORLD(ザ・ワールド)