ここから本文です

大事な初戦で決勝点を挙げたドイツ代表DF、次節はベンチ濃厚か

theWORLD(ザ・ワールド) 6月15日(水)17時0分配信

満を持してフンメルス復帰へ

ドイツ代表に世界屈指のCBが帰ってくる。その余波をDFショコドラン・ムスタフィは受けることになりそうだ。

12日に行われたEURO2016のウクライナ戦で、マッツ・フンメルスの代役として先発出場したムスタフィ。この試合で同選手は先制点を挙げており、チームの勝利に大きく貢献している。しかし、独『Bild』は次節のポーランド戦ではムスタフィがベンチに座ることになると伝えた。

それはフンメルスの復帰が近いためで、本人も「ポーランド戦は僕にとって一つの選択肢だね」と出場を示唆している。実際ムスタフィはウクライナ戦で決勝点を挙げたものの、不安定な守備を見せており、ドイツ各紙の採点も及第点止まりとなった。それだけにチームを率いるヨアヒム・レーヴ監督だけでなく、世論もやはりフンメルスの出場を支持しているようだ。

初戦終了後、「何も心配はしていない」と話していたムスタフィだが、次節はベンチからチームを見つめることになるのかもしれない。

最終更新:6月15日(水)17時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報