ここから本文です

「腹減った、飯食わせろ」、貧困地区の住民たちがデモ 南米ベネズエラ

AFPBB News 6月15日(水)14時12分配信

(c)AFPBB News

【6月15日 AFP】南米ベネズエラの首都カラカス(Caracas)で14日、貧困地区カティア(Catia)の大勢の住民たちが食料不足に抗議し「腹減った、飯食わせろ」と叫んだ。カティア地区は従来、チャビスモ(Chavismo)と呼ばれる故ウゴ・チャベス(Hugo Chavez)大統領派の拠点だった。しかし食料危機の高まりを受け、大勢の住民たちが反ニコラス・マドゥロ(Nicolas Maduro)大統領派に転じている。(c)AFPBB News

最終更新:6月15日(水)17時2分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。