ここから本文です

【MLB】米国の関心は3000安打? イチローのローズ超えは「お祭り」への通過点

Full-Count 6/15(水) 19:12配信

金字塔迫るイチロー、「日本とメジャーで成し遂げたことは誰も真似ができない」

 ニューヨークのヤンキースタジアムでは6月10日からヤンキース-タイガースの3連戦が行われていた。その試合前、タイガースのオマー・ビスケル内野守備コーチと春季キャンプ以来の再会を果たした。

イチローはローズまでいよいよあと1本 MLB歴代通算安打数ランキング

「イチローはどうしている?」と聞かれたので、「ピート・ローズの歴代最多安打記録に日米合算で迫っている」と答えると、「(メジャー通算)3000安打にはあと何本になったんだ」と即座に返ってきた。日本では早くから日米合算でのピート・ローズ氏が保持する歴代最多の4256安打到達へのカウントダウンが行われていたが、米国でのイチローのカウントダウンは、あくまで「3000安打」。通算2877安打を放った元名選手とのやりとりで、そのことを実感した。

 米メディアでもイチローがローズの記録に近づくにつれて、SNS上で米記者が速報を出すようになった。13日(日本時間14日)の試合中には、ESPNのジム・カペル記者が「イチローがローズの安打記録にあと1本に迫ったが、ヒットキングが栄冠を明け渡す日は来ないだろう」とツイートするなど、日米合算記録を同等に比較することに懐疑的な見方が一般的だ。

 だからといって、イチローの数字が色あせることはない。ビスケル氏は「たとえ、アフリカやヨーロッパでプレーしたとしても関係ない。これだけの安打を積み上げたことは賞賛に値するし、ワールドワイドな記録として評価されるだろう。イチローが日本とメジャーリーグで成し遂げたことは誰も真似ができないことなのだから」と話す。

 米国のベースボールファンや選手や関係者の多くは、イチローの数字や実績に対して素直に敬意を表している。だからこそ日米通算記録で「ローズを超える」という栄冠が相応しいかどうかは、イチローという選手を評価する上でそれほど重要な要素になっていないのだろう。

高まる賞賛の声、パウエル氏「スペシャルな選手が特別な記録をつくる瞬間はみんな見たい」

 ここ数年はロールプレーヤーとして出場機会が限定されている一方で、イチローが一度活躍すれば、賞賛の声は以前にも増して耳に入りやすくなったようにも感じる。中日で1994年から3年連続首位打者に輝いた実績を持つ、アストロズの打撃コーチ補佐のアロンゾ・パウエル氏は次のように話す。

「みんなイチローのプレーが好きだ。長期にわたって高いレベルでプレーしたことは誰もが知っている。たとえ3000安打に届かなかったとしても、野球殿堂入りを疑う者はいないだろう。スペシャルな選手が特別な記録をつくる瞬間はみんな見たいはず。僕もとても楽しみにしている」

 イチローにとってはローズの記録も、大リーグ通算3000安打も野球殿堂入りの切符ではない。2001年の新人王とMVPのダブル受賞に始まり、262安打のシーズン最多記録、10年連続200安打、オールスターでのランニングホームラン、目を奪われる美しいベースランニング、外野からの稲妻のようなレーザービーム等々。イチローの実績はもう十分に輝かしいものであり、今すぐ引退しても殿堂入りは間違いないという声が圧倒的に多い。

 むしろ、今後訪れるであろう偉業達成の瞬間は、ベースボールファンや運良く(もしくは運悪く)目の前で見ることのできるメジャーリーガーや関係者にとって、数々の興奮を巻き起こした生きる伝説を祝福する節目となり、もっと柔らかく言えば「お祭り」となるのではないか。だからこそ、ローズの記録を日米合算で抜いたときも異論はあるにしろ、祝福もされる。なぜなら、42歳のシーズンで打率3割4分7厘(現地14日時点)をマークするベテランの健在ぶり再認識することになるから。そして、「3000」という大きなお祭りの日に向かって着実に前進していることを示すのだから。

伊武弘多●文 text by kouta Ibu

最終更新:6/15(水) 19:41

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。