ここから本文です

奈良で歴史フォーラム 高校生レポ募集

Lmaga.jp 6月15日(水)6時0分配信

奈良大学と奈良県が、『第10回 全国高校生歴史フォーラム』を11月に開催。それに伴い6月14日から、高校生の若い視点で地域の歴史や地理などを研究するレポートを全国から募集する。

「歴史や地理を学ぶというのは本来丸暗記ではなく、自分で疑問を見つけ、調べ、考えて、真実を発見し、その意味を明らかにすること」をコンセプトに、全国の高校生を対象に2007年に始まった本フォーラム。地域の歴史や地理、史跡・文化財、郷土の文学・作家などに関する研究テーマを募集し、特に優秀なレポートには学長賞、知事賞が授与される。

例年、優秀賞を受賞した5~6校の生徒は奈良に招待。研究発表会や奈良の文化財を巡る見学ツアーに参加できる。昨年は一般民衆の視点で見た明治維新の実態について調査した東京都の麻布高等学校や、室戸台風によって起きた「岡山大洪水」について調査し、そこから得た教訓を後世に伝えるべく岡山城近くに説明板の設置まで行った岡山県の就実高等学校などが受賞した。応募締め切りは9月7日まで、詳細は公式サイト参照。

最終更新:6月15日(水)6時0分

Lmaga.jp