ここから本文です

ホンダに「みんな追いつかれる」とウイリアムズのエンジニア

オートスポーツweb 6月15日(水)7時35分配信

 ウイリアムズのパフォーマンス・チーフエンジニアのロブ・ スメドレーによれば、現在のF1は4つのエンジン・マニュファクチャラーが均衡している状況だという。

【写真】カナダGPほか、最新のF1フォトはこちら

 メルセデスは現行レギュレーションの1.6リッターV6ハイブリットが2014年に導入されて以来、トップを奪い続けている。しかし、フェラーリのパワーユニット(PU)が昨年、大きく進化し、今年はルノーPU、さらにはホンダも開幕後に上位とのギャップを縮めている。

「予選に関しては、大きな差はない。それは極めて明白だ」。スメドレーは話す。

「スピードトラップを見ればスリップストリームに入っているのか、いないのか、DRSを使っているのか、いないのか、どちらも以前に比べて(PUごとの)違いがないことが分かる」

「上位のクルマは団子状態だ」

 ホンダとマクラーレンは昨年、F1に復帰してからパワーと信頼性の向上に四苦八苦している状況だったが、スメドレーはホンダがそれほど遠く後ろにいるわけではないと信じている。

「みんなが追いつかれる」。スメドレーは続ける。「ホンダは1年遅れで今の規定のF1に参戦して、小規模で開発を進めている。これは決して、みんなが考えているような不利な状態ではない」

「たしかにメルセデス、フェラーリ、ルノーのそれぞれのPUにも違いがあるが、それは本当にわずかなものだ」

 2017年はトークンシステムが廃止され、これまで制限されたパッケージから、制限なしのパワー競争に向かうことになる。2018年からは重量、サイズ、ブースト圧に制限が加えられ、開発競争が制限されることになる。

 規定を守る計測システムは、毎年、FIAによって実走されることになる。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月15日(水)10時2分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]