ここから本文です

メルセデス上層部、接触のふたりを責めず「普通のレーシングアクシデント」

オートスポーツweb 6月15日(水)15時46分配信

 メルセデスチームの上層部は、カナダGP決勝スタート直後のルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグの接触について、残念な結果ではあるが単なるレーシングアクシデントであるとの見解を示した。

2016年第7戦カナダGP 優勝し、喜びを表すルイス・ハミルトン(メルセデス)

 ポールシッターのハミルトンがスタートで出遅れ、3番グリッドのセバスチャン・ベッテルがトップに躍り出た。1コーナーでロズベルグはハミルトンにアウトから並びかけ、両者のホイールが接触。ロズベルグはコース外に押し出され、順位を大きく落とした。

 最終的にハミルトンは優勝を獲得したが、ロズベルグは5位。ハミルトンはポイントリーダー、ロズベルグとの差を9ポイントまで縮めた。

 ハミルトンは、自分はイン側のレコードライン上にいたとして、アンダーステアが出て接触してしまったと説明した。

 ロズベルグは、ハミルトンが「強硬な動きをとった」ことでコースオフすることになり、「腹が立った」と話している。

 ふたりはスペインでも1コーナーで接触、両者ともリタイアに終わった。しかしメルセデス・モータースポーツのボス、トト・ウォルフは、カナダの一件に関してはどちらも悪くはないと語った。

「手厳しい動きだった。ルイスはアンダーステアになったと言った。そうなのだと思う」とウォルフ。

「チームの立場から見ると、フロントロウを独占しながら、ターン1を抜けた時には1位と9位になっているというのは愉快な状況じゃない」

「デジャブのようだ。レースの後には毎回こういう話をしている」

 しかしウォルフは、コーナーでイン側にいるドライバーに権利があると述べた。

「カナダのターン1は難しい。ランオフエリアがある。もしウォールなら議論の余地はないが」
「しかしイン側のドライバーがラインを決めることができるのだ」

 メルセデスのノンエグゼクティブチェアマン、ニキ・ラウダは、両者の接触は単なるレーシングアクシデントだと述べている。スペインの接触については、ラウダはハミルトンの方が責任が重いという考えを示していた。

「あれは極めて普通のレーシングインシデントだ」とラウダはカナダの接触についてBild紙に対して語った。

「誰も悪くない。ルイスはいい走りをした。調子を取り戻したね。ニコは気の毒だったが」

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月15日(水)15時46分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。