ここから本文です

堂本剛 セールスポイント守りきり首位、平井 大の新作ALはDLで1位

Billboard Japan 6月15日(水)15時0分配信

 今週のアルバム総合チャート“Hot Albums”トップ3には、6月8日リリースの新作が顔を並べた。堂本剛のミニアルバム『Grateful Rebirth』がセールスで大きく稼いだポイントで逃げ切り首位を獲得。2位は、Leadが約4年ぶりにリリースした『THE SHOWCASE』。デジタルとルックアップのポイントが伸び悩み、1位との差を覆すまでには至らなかった。3位は、Ta_2(鈴木達央)とYORKE.からなるユニットOLDCODEXのシングルコレクション『Fixed Engine』。2位と3位は僅差での決着となった。

 一方、デジタル部門では、平井 大『Life is Beautiful』が1位。6月15日のCDリリース前にデジタル先行で配信されたタイトルが、この部門断トツの数字を稼いで総合でも11位に。このところ注目度が急上昇している平井 大、CDセールスが反映される来週のチャートの動向も目が離せない。

 ルックアップの順位を見てみると、1位はaiko『May Dream』、2位Perfume『COSMIC EXPLORER』、3位三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE『THE JSB LEGACY』となっており、総合順位とはまったく違うタイトルが上位に並んでいる。リリースから時間が経過したこともあり、総合ではどのタイトルも10位圏外になっているが、引き続き多くのユーザーがこれらの作品と接していると言えるだろう。

◎【Hot Albums】トップ10
1位『Grateful Rebirth』堂本剛
2位『THE SHOWCASE』Lead
3位『OLDCODEX Single Collection「Fixed Engine」』 OLDCODEX
4位『それぞれの椅子』乃木坂46
5位『Shining Star』松田聖子
6位『あの日 あの時』小田和正
7位 藍色ミュージック』indigo la End
8位『KPP BEST』きゃりーぱみゅぱみゅ
9位『THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER Cute jewelries! 003』
10位『デンジャラス・ウーマン』 アリアナ・グランデ

最終更新:6月15日(水)15時0分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。