ここから本文です

Acid Black Cherryのアルバム『L-エルー』 広瀬アリス主演で映画化決定

クランクイン! 6/15(水) 5:00配信

 Acid Black Cherry(アシッド・ブラック・チェリー)のコンセプトアルバム「L-エル-」の映画化が決定した。主演は映画、ドラマなどの女優業をはじめ、バラエティへの出演や番組MCなどでも活躍する広瀬アリス。15歳のあどけない少女時代から老婆姿まで、悲哀と波乱に満ちた女性を演じる。

【関連】「広瀬アリス」フォトギャラリー


 2015年2月にリリースされた「L-エル-」は“波乱の人生を送った女性エルの運命を綴った壮大な物語と音楽が絡み合う”コンセプトアルバム。CDショップ大賞2016の入賞作品に選出し、同年、アルバムツアーとして、全国25のホール公演と13のアリーナ公演を敢行。書籍化もされ、音楽アルバムとしてのみならず、ライブ、書籍、その世界観が様々な形で表現されている。
 
 本作で単独主演を務める広瀬。兄がAcid Black Cherryのファンということで、「アルバム『L-エル-』を聴いてみて、世の中にはたくさん良い音楽があるのだと感じました。そんな中、偶然にも映画のお話を頂き、一番喜んでくれたのも兄でした」と明かす。

 孤独で壮絶な人生を歩むエルを演じた広瀬は「衣装やメイク、全てが今の時代ではないのでとても独特な世界観になっていて、しっかりとエルという女の子の人生を一緒に歩めました。彼女のジェットコースターのような壮絶な人生と、物語の世界観を存分に楽しめる作品だと思います」と映画化への思いを語った。
 
 一方、Acid Black Cherryのリーダーyasuは、「新しいプロジェクトが動き出していくのを見ると、『L-エル-』もいつのまにか立派に巣立っていったんだな、と感じます。僕、そしてABCスタッフの手元を離れて、主演の広瀬アリスさんの元で今度はどんなふうに育っていくのか、僕も今から楽しみにしています」と映画化に向けてエールを送った。

 『弟切草』『キカイダーREBOOT』の下山天監督がメガホンをとる映画『L-エル-』は2016年秋、全国公開。

最終更新:6/15(水) 5:00

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]