ここから本文です

「メグ・ライアンに何が起きたの?」 “新しい顔”にネット騒然

クランクイン! 6/15(水) 15:26配信

 映画『めぐり逢えたら』や『ユー・ガット・メール』などに出演し、「アメリカの恋人」として人気を博した女優メグ・ライアンが、先日行われたトニー賞授賞式にプレゼンターとして登場。「顔が変わった」と海外メディアやSNSで話題になっている。

【関連】もしかしてお直し!?いつの間にか“変貌”を遂げたセレブたち・フォト集


 日本時間13日に開催された第70回トニー賞授賞式に出席したメグ。米Fox Newsでは「彼女の“新しい顔”が多くの視聴者に衝撃を与えた」などと報じている。メグは舞台『She Loves Me』のパフォーマンスを紹介するためにステージに登場したが、2009年の日本劇場未公開作『メグ・ライアンの 男と女の取扱説明書』以来大きな作品に出演しておらず、ツイッターなどでは「トニー賞」のタグ付きで俳優ジャック・ニコルソンが演じた映画『バットマン』のジョーカーの写真を投稿し、「メグ・ライアンは元気そうだ」とメグの顔の変化を揶揄する人も出現した。

 ツイッターでは他に「僕はメグ・ライアンがメグ・ライアンに見えていた頃を覚えている年齢だ」「なんてこと…メグ・ライアンに何が起きたの?」「可哀想なメグ・ライアン。彼女の腕はまるで酢にずっと漬けていたみたいね」といったコメントが続出。

 また逆に「“アメリカの恋人”という立場に立つのは大変なことなのよ(世間の目にさらされるなら尚更ね)。私達がメグ・ライアンをありのままに受け入れられる時が来るといいわね」「メグ・ライアンはまさに年を重ねたメグ・ライアンに見えるわ。あなた達みんな最低な奴だわ」とメグを擁護する声や、メグのルックスを揶揄する人々に嫌悪感を示すツイートもあがっている。メグの顔の変化は以前から囁かれていたが、メグは整形を否定している。

最終更新:6/15(水) 15:27

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]