ここから本文です

中川大志、18歳の誕生日迎えて決意新たに「甘えてなんかいられない」

クランクイン! 6月15日(水)12時50分配信

 俳優の中川大志が14日、18歳を迎えた。「10代のうちにやれる事をがむしゃらにやります」「学生じゃなくなる。大人になっていく。甘えてなんかいられない」と決意を示して、10代を懸命に仕事に励むとファンに誓った。ファンからは「お誕生日おめでとう!」「大志くん!私たちファンがついてるからね」などのコメントが寄せられた。

【関連】「中川大志」フォトギャラリー


 中川は、節目の年に感じているといい、「今まで1番嬉しくて、寂しくていろいろ考えた誕生日でした」と心境を告白。「もう子供じゃないんだって 大人でも無いですけど 小学校の時にこの世界に入って、今年で8年目になりました」と、これまでの自分を振り返った。

 この世界には、習い事がひとつ増えるぐらいの感覚で始めたといい、だが、今では自分にとってとても大切で誇らしく、役者の仕事をずっと続けたいと思うまでになったと明かす。

 ファンからは「お誕生日おめでとうございます!」「素敵な1年になるといいですね」「残りの高校生活、思う存分楽しんでください」「これからもずっと大好きで応援してます!」「大志くんどの俳優さんよりもブログにファンって言葉使ってて、大切にしてると伝わってくる」などの祝福コメントが寄せられた。
 
 また出演したドラマ『重版出来!』の打ち上げに参加したようで「皆さん最終回見てくれましたか。最後までアツかったですね。感動しました。改めてこの作品に参加出来て幸せだったと感じました」とファンに報告した。

最終更新:6月15日(水)12時50分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。