ここから本文です

漫画で碁に親しんで 小矢部・石動小に「ヒカルの碁」寄贈

北日本新聞 6月15日(水)16時38分配信

 囲碁に関心を持ってもらおうと日本棋院県支部連合会(広田徹会長)は15日、小矢部市の石動小学校に漫画「ヒカルの碁」全23巻を贈った。

 連合会は若年層への囲碁普及のため昨年、県内の小中学校や児童館など計360カ所に入門書を贈呈。より親しみを感じてもらうため囲碁の授業やクラブがある小学校へ「ヒカルの碁」をプレゼントすることを決め、石動小に最初に贈ることにした。

 この日は同小を訪れた広田会長が、囲碁・将棋クラブ部長の田悟柚稀さん(6年)と副部長の南部杏沙(あずさ)さん(同)に23冊を手渡した。田悟さんは「碁の勉強に役立てたい」と笑顔で話した。クラブを指導している日本棋院認定の学校囲碁指導員、高瀬三平さんと荒井勇校長が立ち会った。

北日本新聞社

最終更新:6月15日(水)16時38分

北日本新聞