ここから本文です

サッカー元日本代表宮澤さんが水橋高生指導

北日本新聞 6月15日(水)19時53分配信

 サッカーの元日本代表、宮澤ミシェルさんを招いたサッカー教室が15日、滑川市の日医工スポーツアカデミーであり、水橋高校サッカー部の2、3年生50人がゴールを意識する大切さを学んだ。

 宮澤さんの指導で、部員は数人でボールを回して守備をかわし、シュートする練習などを行った。宮澤さんは手振りを交え、「日本人はいつもパスすることを考えている。ゴールのことを考えろ」「シュートにこだわれ」などと熱心に声を掛けた。

 笹倉康佑主将は「自分たちの消極的なプレーに気付かされた。どんな状況でもゴールを狙い、相手を脅かせるチームを目指したい」と話した。

 大塚製薬(東京)が全国展開する「ブカツ応援キャラバン」の一環で実施した。

北日本新聞社

最終更新:6月15日(水)19時53分

北日本新聞