ここから本文です

前田健太、6回途中3失点で6勝目 右膝下に打球直撃も「骨に異常なし」

ベースボールキング 6/15(水) 14:08配信

● ダイヤモンドバックス 4 - 7 ドジャース ○
<現地時間6月14日 チェース・フィールド>

 ドジャースの前田健太が14日(日本時間15日)、敵地でのダイヤモンドバックス戦に先発登板。6回に打球を右膝下に受け緊急降板するも、6回途中3失点で6勝目(4敗)をマーク。その後の検査で、「骨に異常はない」と地元メディアが伝えた。

 前田は初回、1、2番に連打を許しあっさり先制点を失うと、3回は連続三振で二死を奪ったあと、またしても1、2番に安打と四球で繋がれ、3番ゴールドシュミットに中前適時打を許した。

 それでも5回、ドジャース打線奮起。一死から6番ペダーソンが反撃の狼煙となる10号ソロを放つと、後続が2者連続四球を選んだあと、9番前田が送りバント成功。二死二、三塁をチャンスを広げ、1番アットリーが逆転となる2点適時打を中前へ運んだ。

 前田は1点リードで5回裏のマウンドに上がったが、一死一塁から、2安打を許している1番セグラを打席に迎える。ここはツーシームで詰まらせたが、三塁前へ転がった打球を自ら処理。素早い動きで一塁はアウトのタイミングだったが、ワンバウンド送球を一塁手・ゴンザレスが捕球できず、ボールがファウルグラウンドを転々とする間に、同点となる一塁走者が生還した。

 勝ち越し直後に失点した前田だったが、またも打線が援護。6回に先頭の3番ターナーが勝ち越しとなる6号ソロを左翼席へ運ぶと、さらに二死から、ペダーソンが2打席連発となる11号ソロを右翼席へ運んだ。

 6回もマウンドに上がった前田だったが、ここでアクシデントが襲う。先頭ゴールドシュミットの強烈な投直が、前田の右膝付近を直撃。それでもボールを拾い一塁はアウトにしたが、直後にマウンド付近に倒れ込んだ。

 続投は不可能で、降板時はトレーナーらの肩を借りながらベンチへ。この試合は結局5回1/3を6安打6三振3失点の内容。自責点は2で、防御率は2.75となった。

 ドジャースは緊急登板となった2番手のハウエルが1点を失ったが、前田降板時のリードを保ち逃げ切り勝ち。前田は今季6勝目を手にし、地元メディアは球場内の検査で、骨に異常がないと伝えた。

BASEBALL KING

最終更新:6/15(水) 14:16

ベースボールキング

なぜ今? 首相主導の働き方改革