ここから本文です

フジロック20周年記念! 忌野清志郎×タワレコのコラボグッズ&ポスターで名シーンが蘇る

RO69(アールオーロック) 6月15日(水)16時0分配信

タワーレコードが、FUJI ROCK FESTIVALの開催20周年を記念した「NO FUJIROCK, NO LIFE!」キャンペーンを開催することが明らかとなった。

同キャンペーンは、「FUJI ROCK FESTIVAL」第1回(1997年)から参加している企業のひとつであるタワーレコードが、本キャンペーンを通して「FUJI ROCK FESTIVAL」 の20周年を祝うというもの。

また、同キャンペーンキャラクターに忌野清志郎が起⽤されることも決定した。「FUJI ROCK FESTIVAL」とタワーレコード、両者との関係が深い忌野清志郎をキャンペーンキャラクターに、「FUJI ROCK FESTIVAL」会場をはじめ、越後湯沢駅やタワーレコード店頭、「FUJI ROCK FESTIVAL」内に登場するタワーレコード初の会場での物販などを通して、20周年を盛り上げるという。

詳しいイベントの概要は以下の通り。

●イベント概要
「NO FUJIROCK, NO LIFE!」
(1)「NO FUJIROCK, NO LIFE!」忌野清志郎ポスター2種登場
(2)忌野清志郎「NO FUJIROCK, NO LIFE!」記念Tシャツ&「FUJI ROCK FESTIVAL」祝 20 周年法被限定販売
(3)「NO FUJIROCK, NO LIFE!」忌野清志郎さんごみ袋配布
(4)「NO FUJIROCK, NO LIFE!」タワーレコードタオルプレゼント
(5)モンド君描き下ろし「忌野清志郎さん似顔絵Tシャツ」販売&モンド君の似顔絵屋さん登場

「NO FUJIROCK, NO LIFE!」オフィシャルサイト
http://tower.jp/article/news/2016/06/15/n101

RO69(アールオーロック)

最終更新:6月15日(水)16時0分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。