ここから本文です

アスリートに受験生に女子大生に、ぴったりの学食メニュー 金沢学院大・短大

北國新聞社 6月15日(水)3時14分配信

 アスリート、受験生、女子大生にぴったりの学食用の定食メニューが金沢学院大・短大で考案され、18日、同大で開催される第2回オープンキャンパスの参加者に初めて披露される。

 金沢学院大では今年4月から学生食堂で管理栄養士が監修したバイキング形式の新メニュー「KGプレート」の提供を始め、野菜たっぷりの健康志向のメニューで好評を得ている。今回は、食堂担当の福本裕子、山本絵里香両管理栄養士が特別定食として「アスリート」「受験生」「女子大生」向けのメニューをそれぞれ考案し、同大人間健康学部健康栄養学科の教員らと打ち合わせた。

 「アスリート」メニューでは、エネルギーを増大させるとともに疲労回復にも効果があるように、サバの竜田揚げや豚ロースのアボカド巻きなどを組み込み、「受験生」メニューでは、脳の働きをよくし、ストレスに打ち勝つためにサバの竜田揚げに加え、豆腐、大豆、枝豆などを取り入れる。

 「女子大生」メニューでは、美肌効果と便秘解消を狙いに、サツマイモやトマト、アボカド、カボチャなどで構成する。福本管理栄養士は「学生の食生活改善に配慮しながら、見た目、おいしさにもさまざまな工夫を凝らした」と話している。

 第2回オープンキャンパスは午前10時から午後2時まで開催され、参加者は無料学食体験として3メニューの中から1メニューを味わうことができる。参加は高校生、及び、その保護者が対象で、希望者は事前に入試広報部=0120(367)984=へ申し込めばよい。参加は無料。

北國新聞社

最終更新:6月15日(水)3時14分

北國新聞社