ここから本文です

ポルトガル、痛恨のドロー発進…初出場のアイスランドがボレー弾で追いつく

SOCCER KING 6月15日(水)5時50分配信

 ユーロ2016・グループステージ第1節が14日に行われ、グループFでポルトガル代表とアイスランド代表が対戦した。

 FIFAランキング8位のポルトガルは、6大会連続7回目の出場で大会初制覇を目指す。一方、予選でオランダなどを抑え、大会初出場を果たした同34位のアイスランド。強豪相手に金星を挙げたいところ。

 ポルトガルはキャプテンのレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドのほか、同DFペペ、フェネルバフチェFWナニなどが先発出場。一方のアイスランドは、予選でチームトップスコアラーとなったスウォンジーのMFギルフィ・シグルズソンやカーディフMFアーロン・グンナルソンなどがスタメン入りを果たした。

 最初にチャンスを迎えたのはアイスランド。3分、左サイドをドリブル突破したG・シグルズソンがシュートを放った。しかしこれはGKルイ・パトリシオが好守を見せ、先制点を許さない。

 一方のポルトガルは18分、右サイドでボールを持ったビエイリーニャが中央へカットイン。そのまま左足でミドルシュートを放つが、GKハネス・ハルドルソンが落ち着いてセーブする。

 さらに21分、C・ロナウドが左サイドからクロスを上げると、エリア内でフリーのナニがヘディングシュートを打った。しかしこれもGKハルドルソンが左足一本で反応。チームを救った。

 31分、攻勢を強めるポルトガルがついに先制する。右サイドを崩すと、アンドレ・ゴメスのグラウンダーのクロスにナニが右足で合わせ、ネットを揺らした。このままポルトガルリードでハーフタイムを迎える。

 後半開始直後の50分、アイスランドが同点に追いつく。ヨハン・グドムンドソンが上げたクロスボールからビルキル・ビャルナソンが右足のボレー。ネットに突き刺した。

 1点を奪われたポルトガルは71分、右サイドでフリーキックを獲得すると、クロスにナニが反応。頭でさわりボールのコースを変えるが、枠の左へわずかに外れる。

 さらにポルトガルは80分、途中出場のリカルド・クアレスマが右サイドからドリブルを仕掛け、シュートに持ち込む。しかしGKハルドルソンが立ちはだかり、ネットを揺らすことはできない。

 85分には、ナニの右サイドからのクロスにC・ロナウドが頭で合わせるが、これも得点には至らなかった。

 結局試合は1-1のままタイムアップ。ポルトガル代表とアイスランド代表の一戦は、勝ち点1ずつを分け合う形となった。

 次節、ポルトガルはオーストリア代表と、アイスランドはハンガリー代表とそれぞれ19日に対戦する。

【スコア】
ポルトガル代表 1-1 アイスランド代表

【得点者】
1-0 31分 ナニ(ポルトガル)
1-1 50分 ビルキル・ビャルナソン(アイスランド)

SOCCER KING

最終更新:6月15日(水)9時19分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。