ここから本文です

アラバ獲得に執着のレアル、再オファーへ…バイエルンは60億円提示を拒否

SOCCER KING 6月15日(水)17時0分配信

 レアル・マドリードがバイエルンに所属するオーストリア代表DFダヴィド・アラバの獲得を目指している。スペイン紙『アス』が14日に報じた。

 報道によると、レアル・マドリードは先週、アラバ獲得を目指してバイエルンと交渉を行った。移籍金5000万ユーロ(約59億6000万円)を提示したが、オファーを拒否された模様だ。

 レアル・マドリードはアラバの代理人を務める父のジョージ・アラバ氏と数回に渡って接触し、移籍の可能性を探ってきた。ただ、バイエルン側には同選手を売却する意思はないようだ。

 バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)はスペイン紙『アス』に対して「(アラバ移籍の)扉は閉まっているよ。我々はレアル・マドリードと非常に良い関係を築いてきた。2008年以降、我々はヨーロッパにおいて、意に反する形で選手を売却したことはない」とコメント。2021年までの契約を結んでいるアラバの放出を完全否定した。

 ただ、レアル・マドリードはアラバの獲得を諦めていない模様。『アス』によると、複数のポジションでプレーできる同選手の能力を高く評価し、獲得へ向けて再オファーを提示する意向のようだ。

 アラバは1992年生まれの23歳。2008年にバイエルンの下部組織に加入し、2010年にトップチームに昇格した。同年1月にデビューを果たし、2011年にはホッフェンハイムへのレンタル移籍を経験。2011-12シーズンからバイエルンに復帰し、主力選手として活躍している。今シーズンはブンデスリーガで30試合出場2ゴールを記録し、4連覇に貢献した。

SOCCER KING

最終更新:6月15日(水)17時0分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]