ここから本文です

[コパ・アメリカ]アルゼンチンが3連勝で首位通過! 後半から出場のメッシは不発

ゲキサカ 6月15日(水)13時16分配信

[6.14 コパ・アメリカD組第3節 アルゼンチン3-0ボリビア]

 コパ・アメリカは14日、グループDの第3節を行った。すでにグループリーグ突破を決めているアルゼンチン代表はボリビア代表と対戦し、3-0で勝利。グループ首位での決勝トーナメント進出を決めた。

 FWリオネル・メッシを温存したアルゼンチンだが、前半からアクセル全開でボリビアに襲い掛かった。前半13分、FWエゼキエル・ラベッシのドリブル突破からゴール正面でFKを獲得。キッカーのMFエリク・ラメラが左足で放ったシュートは壁に当たり、コースが変わってゴールに吸い込まれた。

 早々に先制したアルゼンチンはその2分後の前半15分、右からのクロスをファーサイドのFWゴンサロ・イグアインがヘディングシュート。GKカルロス・ランペが弾いたボールをラベッシが押し込み、2-0。同32分には左CKの流れからラベッシの折り返しをDFビクトル・クエスタが右足で押し込み、3-0で前半を終えた。

 リードしているアルゼンチンだが、後半開始からメッシとMFルーカス・ビリアを投入。後半15分に右45度の位置でFKを得ると、キッカーを務めたメッシがゴール左隅を狙ったが、わずかに枠を外れた。その後はこれ以上の失点を防ぎたいボリビアの守備を崩すことはできなかったが、3-0で快勝。グループ首位で決勝トーナメント進出を決めた。準々決勝ではC組2位通過のベネズエラと19日に対戦する。

最終更新:6月15日(水)13時20分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]