ここから本文です

[EURO]決勝Tへ望み繋いだのはスロバキア!ロシア下しEURO初勝利!!

ゲキサカ 6月15日(水)23時50分配信

[6.15 EURO B組第2節 ロシア1-2スロバキア リール]

 EURO2016は15日、グループリーグの第2節に突入した。B組では初戦のイングランド戦を引き分けたロシア代表と、ウェールズ戦に敗れたスロバキアが激突。スロバキアが2-1で勝利し、決勝トーナメント進出へ望みを繋いだ。一方のロシアの予選突破は非常に厳しくなった。

 先制点は必勝を期すスロバキアに入った。前半32分、センターラインからMFマレク・ハムシク(ナポリ)がロングパス。エリア内に入ったMFウラジミール・バイス(アルガラファ)が受けると、切り返しでDFをかわしてシュート。ゴール右隅に決めて、試合を動かした。

 さらにスロバキアは前半終了間際の45分、左サイドからのショートコーナーを受けたハムシクが、エリア内にドリブルで持ち込んでシュート。バイスの先制点と同じような位置から蹴り込まれたシュートは、右ポストの内側を叩いて、ゴールネットに収まった。

 2点ビハインドのロシアは後半開始から一気の2枚替え。MFデニス・グルシャコフ(スパルタク・モスクワ)とMFパベル・ママエフ(クラスノダール)を入れて反撃を試みる。しかし後半に入ってシュートチャンスは増えるが、なかなか枠を捕らえることが出来ない。

 しかしロシアはMFロマン・シロコフ(CSKAモスクワ)を投入する3枚目のカードを切った直後の後半35分、高い位置でのパスカットから左サイドで仕掛けたMFオレグ・シャトフ(ゼニト)がクロス。ゴール前にいたグルシャコフが力強いヘディングで押し込み、1点差に迫る。そして勢いづくロシアは攻め続ける。ただ同41分のグルシャコフの決定機は枠左、同44分にFWアルテム・ジューバ(ゼニト)がエリア内を突破するが、シュートはDFにブロックされた。

 1勝1敗のスロバキアの第3節は20日のイングランド戦、1分1敗となったロシアは20日にウェールズと対戦する。

最終更新:6月15日(水)23時53分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。