ここから本文です

新型プリウスPHV、日本仕様初公開 ソーラー充電システムを搭載

carview! 6/15(水) 15:13配信

トヨタ自動車は15日から17日まで東京ビッグサイトで開催される「スマートコミュニティJapan 2016」において、新型「プリウスPHV」の日本仕様を初公開した。

【プリウスPHVの写真をもっと見る(7枚)】

今年3月に行われたニューヨークオートショーでの北米仕様に続き、日本仕様が公開された新型プリウスPHV。日本仕様と欧州仕様は車両のルーフにソーラー充電システムを搭載する。車両に搭載するソーラーパネルで蓄えた電気を駆動に利用するシステムの採用は量販車初。このほか日本仕様では急速充電機能を備え、短時間での充電が可能となっている。

新型の特徴としては、内外装デザインにプリウスとは異なるデザインが与えられること。燃費は37km/Lを達成しており、2.5時間の充電で最長60kmのEV走行が可能となるなど、機関面でも大きく進化している。

内装は、タブレットのように使える11.6インチ大型ディスプレイを備えたナビゲーションシステムを搭載し、新感覚のコクピット空間を演出する。

今回披露された新型プリウスPHVは2016年秋の発売が予定されている。なお新型プリウスPHVの情報は公式サイトでも紹介されている。
http://toyota.jp/new_priusphv/sp/

株式会社カービュー

最終更新:6/15(水) 16:33

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。