ここから本文です

9年前のオークモントを知る男 谷口徹は48歳でリベンジなるか

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月16日(木)10時18分配信

世界一の称号を争う「全米オープン」が、オークモントCCで行われるのは9年ぶり。前回開催された2007年に続いて再び当地での戦いに望む選手は、出場156人中28人しかいない。そのうちの最年長が49歳のデビッド・トムズ。彼に続くのが48歳の谷口徹だ。

【画像】なんだかキュートな谷口徹 48歳

「すげえコース。“破格”ですね、ここは。(今年で)9回も全米オープンをやる理由が分かるわ。ナンバーワンに難しい。前に来たときは、もう少しボールが止まったような気がするけれど」。通算5オーバーが優勝スコアとなった9年前同様、今回も最高難度のセッティング。大会自体は2年ぶりの出場だが、予選落ちに終わった当時を頭に浮かべながら苦笑いした。

グリーンの速さ、ラフの深さに加え「バンカーのあごがぜんぶ高い。結構プレッシャーがかかる」という。フェアウェイバンカーはそのほとんどが、入れれば1打を失うピンチに直結しそう。コースを南北に走る高速道路に向かって下る全体傾斜も、各ホールに大きなアップダウンをつけている。

開幕前日のコースチェックを終えると「ラフを刈ったみたいで、ボールがスポッと埋まるようになった。逆に難しい」と、さらに増えたネガティブ要素を口にした。「集中して頑張るしかない。コースに負けないように」。懸命に耐える展開を見据えている。

昨年、筋力トレーニングに目覚めて肉体改造を継続中。シニア入りを前にパワーアップを実感しているが「こっちに来たら、まったく関係ない」とぼやいた。「みんなやっているから。自分がちょっと飛ぶようになっても、こっちじゃ全然ダメだなって。自分はうまくなっていると思うけれど、結果がすべて」。

ベテランはいまだ何かを吸収しようと必死だ。この日は2003年大会の王者ジム・フューリックと練習ラウンドをともにし、飛距離の乏しさを精度の高さでカバーするゴルフに感銘を受けた。「ああいうスタイルのゴルフは戦える。自分もそうやっていけばやれると勉強になりました」と納得顔だ。

久々の世界最高峰での戦いに「スイングもみんな色々。体の使い方がそれぞれある。結局スイングって、これってものはない」と改めて実感したという。「どれが正しいというものはない気がする。十人十色です」。日本が誇る“谷口色”も、なかなかの個性であふれているはずだ。(ペンシルベニア州オークモント/桂川洋一)

最終更新:6月16日(木)11時12分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]